手抜き投資改めご都合主義の期待売買

結果だけに一喜一憂するご都合主義の期待売買

含み益に転換

本日の日経は上げ。

昨日より300円も上げているので一気に含み益に転換した。

デルタが0.3ほどプラスなので当たり前と言えば当たり前。

売りのプットのデルタが一時かなり増大し、デルタヘッジを強いられるかもと思われたがかろうじて事なきを得る。

もうちょっと下がっていれば追加のミニを売り、そして今日の上げでそのミニを損切り買い戻して地団駄を踏む展開になっていたことだろう。

この場合、うまいとかへたとかの問題ではないから厄介である。

オプションをセオリー通りにやるかやらないかはその人の裁量ということになるが、セオリー通りにやって勝てるわけでもないし、かりに裁量でやっても勝てるとは限らない。結局はどちらが勝つ確率が高いのかという話であり、自分の裁量ほどあてにならないものはないので理論通りやったほうがマシという程度のものである。

仮にデルタヘッジをしていなかったらどんどん相場が下がっていき、後の祭りという展開になって目も当てられない、などということはこれまで何度も経験してきたわけで、相場がどうなるかなんか分かりはしないのだから、損切りもまたコストと割り切るしかないのだろう。

とは言え、問題はコールの売りである。かなり含み損が減ったので昨日のうちに決済しておけばよかったというのはまさに後の祭りである。

含み損増大 プット売り直しは失敗したのか?

朝起きてオプション戦略で損益を確認するとあれだけあった含み益がものの見事に含み損へ転換し、確定益まで吹き飛ばしてトータルでマイ転である。

オプション戦略はやはり重宝するなぁ。。。などと余裕をかましながら内訳を見るとやはりプットを売り直したことがよくなかったのはすぐにわかるが、それよりもコールの売りどころを間違っていたのが大きい。仮にコールをもっと高いところで売っていれば今頃まだ含み益ということになるからだ。

これはミスの確認であり、タラレバではない。

手抜き戦略だといずれにせよ損益はトータルで多少プラスになる程度で大きな違いはないからこんなものだろう。

所詮手抜き投資である。SQ近辺にならないと含み益がいくらだろうと含み損がいくらだろうとあまり関係ない。

ちなみに追加で売ったコールはいまだに含み損なのでやはりほとんど意味のない売りだったということになりそうだ。

とは言え、今回でどのあたりでコールを売ればいいのかの勉強になったのでよしとしよう。

含み益が風前の灯火に コロナショックでデルタヘッジは機能したのか

アメリカの経済対策は織り込み済みということなのか。

いつものご都合主義の結果論は我々素人と変わらないではないか。

さて、我が軍は含み益がどんどん減少。

追加のプットもコールも含み損。

含み益が残りわずかとなる。

さて、昨夜寝る前にコロナショック時に今のようにプットを売った場合、デルタヘッジのみで対応できるのか疑問に思いデルタヘッジのシミュレーションを行った。

勿論、エクセルで手入力である。オプションのデータはJPXから買った。

確かcboeだと無料だと思う。日本の投資環境はアメリカと比べて随分遅れている。

しかもこのデータが物凄く使い勝手が悪い。官僚的お役所仕事。日本市場が外人さんのおもちゃになるのも頷けると言うもの。

さて、結論としてはやはり完全にヘッジはできない。

SQ日に22000円のプットを売り、ミニ先も売ってデルタヘッジしたと想定。日中の日経平均の動きに合わせてヘッジをしていきSQに持ち込むと概ね17万ほどの損失になった。

かなり大雑把な計算だがこんなところだろう。

いずれにしても朝起きたら値がとんでいるおはぎゃーが何度もあるのでどうしても後追いヘッジになってしまうのが問題点である。

要するにデルタヘッジなどとかっこつけてはいるが、なかなか理論通りにはいかないわけである。

とは言え、大損ぶっこくといった状態はなんとか回避できそうではある。

もっとも、証拠金の増大については別途考慮しなければならない。

もしも資金的に余裕がなければ損切りするしかない。実はプット売りで怖いのはこの証拠金の増大に対応できないことが多い。

コロナショックのように一方通行で下げた場合はあきらめるしかないが、大概大きく下げたら少しは戻すものである。

そして、暴落したときをなんとか乗り切れば十分利益がでることも多い。

しかし、それが分かっているにもかかわらず証拠金の兼ね合いで決済を余儀なくされる場合も多い。

その場合は想像されるようにアホボラと言われる考えられないような高いIVで、法外なプレミアムのついたオプションを買い戻す羽目になり、大損をぶっこくというわけである。

勿論これは経験談である。

 

含み益半減

相場は反落スタート。昨日の一時爆上げはなんだったのか。

含み益は半減。

追加のプット売りは含み損。

 

いずれにしても午前中にアメリカの経済対策が発表されるのでダウ先に注視。

とはいうものの、基本やることなし。

相場上昇で恐怖指数上昇 

またもや相場上昇で恐怖指数が上昇中。

暴落によって恐怖指数が上昇する場合は派手に上げるので分かりやすいが、相場が上昇して恐怖指数が上昇する場合は地味に上げるので気づきにくい。

先ほどプットを売り直した時よりも相場が上がっているのに当該IVは上昇。

コールのIVも上がっている。

含み益は増加したものの、なんとも気持ち悪い相場である。

買っていたコールは既にインしてしまっている。コールを売っていなければこのあたりで決済してもよかったのかもしれない。。。

含み益増 プット売り直し +71000

本日の日経も上げ。

岡三オンラインのメールにはイベント待ちで動意薄とあったが結構上げている。。。

我が軍は含み益が大きく増加。つまり、コール売りが余計だった、あるいは早かったといういつものオチである。

これで当分コール売りとは付き合わなければならない。かなり遠いところを売っていたのでインすることはなさそうだが、そんなものは分からない。

プットのデルタがかなり減少したのでプットを決済。+71000円。

あまりやりたくなかったが近場に売り直し、ミニとプット売りのデルタをフラットにした。全体のガンマが微妙にマイナスになってしまったのが気になる。もう一こ下のプットにしたほうがよかったかもしれない。とは言え、いずれにしてもプット売りで見たらガンマはマイナスなわけであまり意味のある話ではなかったかもしれない。

デルタプラスがさらに大きくなってしまったので少しでも相場が下がれば一気に損益は悪化するだろう。

移動平均騰落状況を確認

日経平均は現在21日移動平均を5%弱上回って推移している。

一方S&P500は約10%上回っている。

S&P500の場合はこれまでのデータではこの出現率はわずかしかないのでこれ以上上昇する確率はかなり少ないということになる。

とは言え、大きくは下がらず、移動平均線のレベルが上がってそのうちS&P500にタッチして移動平均をマイ転するなんてこともあるかもしれない。

日経はまだ上値余地があるとも言えるが、アメリカの力があれば簡単に上抜けられるだろう。しかし、アメリカの上値が限定されているとするとどこまで日経が上げることができるのか。

さっぱり分からない。。。